月別: 2018年3月


七月七日に十六歳でつづみの母になった彼

2018年3月6日

未分類

七月七日に十六歳でつづみの母になった彼 はコメントを受け付けていません。


大島弓子先生のさようなら女達に収録されているこの「七月七日に」は、戦時中の少女の目を通して時の移ろいを情感豊かに表現された作品です。 昭和十八年、十三歳のつづみは最近になって、継母の様子が変である事に気が付きます。夜中に自分の部屋で泣いているのです。周囲が吃驚する位の長身で、美貌の持ち主である継母とは、血は繋がっていなくても、相思相愛の仲の良い母と娘なのでした。 幼馴染の桃太郎が、「自分の兄さんも、最近夜中に溜息ついて・・。」と、自分の兄の健太郎も同じであると言い、「二人は相思相愛なんだよ!明日、兄さんの... Read More