月別: 2018年4月


『天離る月星』 藤原不比等と五百重の愛

2018年4月16日

未分類

『天離る月星』 藤原不比等と五百重の愛 はコメントを受け付けていません。


長岡良子作。8世紀律令体制を整えた立役者藤原史(不比等)。 彼は『大化の改新』の中臣鎌足の息子です。これは、その子供時代の物語です。 当時の名は真人。母は既になく父鎌足も政治で多忙で家になく、彼はいつもひとりでした。 唐より帰ってきた定恵異母兄もすぐに死んでしまい、孤独な日々を送っています。 667年天智天皇が飛鳥から近江に都を移したのを機に鎌足の正妻の家で暮らすようになります。 そこには異母妹の五百重がいました。元気でやんちゃな彼女は彼の警戒心を解いていき、互いに至福の時を過ごします。 が、真人の血筋、... Read More