作者別: habit-bao


深夜アニメで観たい漫画『おかゆネコ』

2017年3月15日

未分類

深夜アニメで観たい漫画『おかゆネコ』 はコメントを受け付けていません。


好きな漫画はたくさんありますが、万人受けしやすそうな漫画のタイトルといえば、吉田戦車の『おかゆネコ』でしょうか。最近読んだものの中では一番「アニメになればいいのになぁ」と思っている作品です。 吉田戦車と言えば、『伝染るんです。』をご存じの方も多いでしょう。『伝染るんです。』ほどトガッた感じではありませんが、『おかゆネコ』もまた、非常に魅力的な作品です。 本作は、急に知能が人間並みになる「しゃべり病」という病気にかかった猫・ツブが、飼い主や周囲の人々のために様々なおかゆを作る、というもの。クルミやレバニラ、... Read More

ブックオフ下瀬谷店で漫画、小説を売ってみて

2017年3月13日

未分類

ブックオフ下瀬谷店で漫画、小説を売ってみて はコメントを受け付けていません。


本棚から本、漫画が溢れてきてしまっていたので販売しました。売るのが少し面倒だったので、処分してしまおうかと思ったのですが、ただ捨てるのは本が可哀想だなと感じて店舗まで持っていきました。 小銭にしかならないのは分かっていたけど、捨てるより気分もいいし、それで少しでもお金になったら嬉しいですよね。ほんのちょっとのお小遣い稼ぎです。 一応少しでも高く買い取ってもらう為に、気づいた本・漫画の汚れはできる限り落として、ほこりも軽くはたいて売りました。 小説は、本にしおりがはさみっぱなしになっていないかもチャックしま... Read More

巨人の星!アストロ球団とは違った観点での超人野球

2017年3月9日

未分類

巨人の星!アストロ球団とは違った観点での超人野球 はコメントを受け付けていません。


巨人の星、この漫画はアストロ球団のような超人魔球とは違った意味での ありえない魔球がどんどん登場します。 「大リーグボールシリーズ」と言われてます。 この大リーグボールシリーズが 万宙太とか花形満とかに破られるために大きく挫折する星飛雄馬に納得同情してしまいます。 そして密かに恋愛場面もあり 恋愛に関しても星飛雄馬は真剣そのもの! そう、この漫画は超人的な野球漫画だけでなくキャラクターの人間模様も読んでいて感情移入できるので何十年経過しても不朽の名作と言われているのでしょう。 星飛雄馬の家族のちゃぶ台で貧... Read More

機動武闘伝Gガンダム!従来のガンダムの概念を壊す面白いガンダムファイト!

2017年3月2日

未分類

機動武闘伝Gガンダム!従来のガンダムの概念を壊す面白いガンダムファイト! はコメントを受け付けていません。


この漫画は実はスーパーロボット大戦シリーズで知り 既にアニメが放送終了して数年経過してました。 http://www.g-gundam.net/ それでも 漫画とかアニメとか改めて読みたくなるのは 他ならなガンダムファイトシステムが随所に この漫画に見られるからです。 ガンダムファイトとは世界各国のガンダムらと 格闘技の試合みたいにワンマッチをすシステムです。 これは 逆襲のシャアとかガンダムZZとかなどの宇宙戦争がガンダムシリーズの主なストーリーですが、わかりにくいと言う人も多かったです。 でもGガンダ... Read More

明治浪漫譚るろうに剣心!奥深いバトルがハマります

2017年2月27日

未分類

明治浪漫譚るろうに剣心!奥深いバトルがハマります はコメントを受け付けていません。


少年ジャンプで連載されていた「るろうに剣心」は特に何度も読み返したくなる程素晴らしい漫画です。 この漫画の見所は剣心と対戦する相手は何らかの正義で生きており同時に心の闇があります。 そんな剣心も頬に十文字の傷があるのは、かつて 誤って妻を殺めてしまった過去と直結しており、それが原因で逆刃刀となったようです。 勧善懲悪じゃないバトルアニメなので敵1人とっても奥深い理由があり剣を振るっていると思います。 しかし剣心と己の正義のために剣を交えた相手は後に仲間になってるキャラも多いです。 例えば 維新最強のために... Read More

『燃えよペン』

2017年2月16日

未分類

『燃えよペン』 はコメントを受け付けていません。


…「アオイホノオ」は、この作品及びその続編たる「吼えろペン」シリーズの前日譚という感じなのですね。私は島本和彦氏についてかなり初心者なのですけど。Gガンダムのキャラクター設定を手がけたとか(どう見てもデザインそのものをしたように見えるけど..) 「吼えろ」を今読んでいるのですが、こっちはこっちで漫画家の日常にある、意外に楽しめる小ネタを極端に拡大して夢があるような無いような扱いで描くという点で方法論が確立されており、それはそれで充分楽しめるのですけど、作品としてのインパクトは12話程度で一旦終了するテンシ... Read More